ごあいさつ

病院長あいさつ

寳金病院長女性医師の問題は、医師数の不足の観点から、注目されてきました。しかし、ご存じのように、各大学の医学部定員の増加政策により、多少タイムラグがありますが、近い将来、「数」だけを言えば、この問題は解決すると言われております。今後は、地域偏在、診療科による偏在の問題が残されます。

女性就業の問題の中でも、女性医師の問題は、特殊なものではあります。しかし、ライフステージに合わせた就業と社会貢献、教育を受けた地域社会への還元のあり方の視点から考えますと、決して女性だけの問題ではありません。男性医師や一定の規制条件の下で就業する医師の問題に広く関わっています。上記の問題の解決の重要な鍵として、女性医師の就業問題は、本院ばかりでなく、医療社会が正面から向き合うべき問題です。

本院も平成22年度から、女性医師等就労支援事業を立ち上げ、様々な取り組みを重ねてきております。育児支援、短時間就業支援など、ライフスタイルに合わせた就業環境を整備することで、北大病院全体の就業環境への好影響が目に見える形になりつつあります。今後、本院が、「地域に愛され、信頼され、力強く前進する大学病院」を目指すためには、女性医師等の活躍は必須の要件です。

「先端医療を北大から・・・北大から世界へ」は、本院のもう一つの目標です。その意味で、「女性医師等の就業環境」の点でも先進的な北大病院を目指して、レベルアップを図って参ります。どうか、皆様のご理解とご協力を心からお願い申し上げます。

北海道大学病院

病院長 寳金 清博

室長あいさつ

渥美先生平成22年からはじまった当院の女性医師等就労支援事業は、平成26年4月、北海道大学病院女性医師等就労支援室が正式に発足して、この事業を担うこととなりました。初代の室長として、ご挨拶申し上げます。

他の医療職種と同様に、医師や歯科医師の業務内容が専門化・多様化するにつれ、それに対応すべく費やさなければならない時間は指数関数的に増加しております。したがって、どの医療機関でも、社会に求められる医療を提供するための医師・歯科医師の必要数は、それと平行して増加しています。北海道を含めて、多くの地域で基幹的医療機関ですら医師不足を訴える理由のひとつが、業務量に対する医師・歯科医師数の相対的減少といえるでしょう。

特に、長時間の勤務や当直・休日勤務業務がルーチンである医師の需要数は、いくら全国の医学部が学生の定員を増やしても、未だ充足される見通しはありません。このような背景のなかで、医学部卒業者の3割強が女性であることを考えると、女性医師、あるいは子育て世代医師の労働環境を整備して、医療に参加いただく機会を増やすことの重要性はいうまでもありません。

北海道大学病院は、高度で最先端の医療を患者さんに提供するとともに、医育機関として若手医師・歯科医師の各専門研修をおこない、「一人前の専門医」を養成して社会に送り出す機能をあわせもちます。この専門研修中の医師・歯科医師は、ライフステージにおいてちょうど出産や育児の時期とも重なることが多いステージです。大きなエフォートで育児を担当する女性医師等の復職を促し、効率よく業務や専門研修をおこなう体制を整えること、その結果としてできるだけ多くの能力ある専門医を育成・輩出していくことが本支援室の第一の目的です。

皆様のご理解、あたたかいご支援を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

北海道大学病院

女性医師等就労支援室長 内科Ⅱ教授 渥美達也 

※当HPでは渥美御夫妻からの応援メッセージも紹介しています。ぜひご覧下さい →  応援メッセージ 

室員あいさつ

西尾先生の写真

北海道大学病院女性医師等就労支援室の室員としてこの事業に取り組ませていただく事になりました。

‘女性医師等’という言葉からこの支援室は女性医師を支援する事業である印象を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。しかしながら、‘等’の中には男性医師も含まれます。医師という職業の特性上、長時間業務、当直、夜間の呼び出し等、子育てを行っている女性がすべての業務を他の医師と同等に行う事は困難と言わざるを得ません。女性医師の割合が増加している現状で、子育て世代の女性医師の離職は、単純に医師不足の問題だけではなく、共に働く仲間の負担増など多くの問題があります。女性医師の就労環境を支援することは、女性医師のみならず、男性医師も含めた医師全体の就労環境を支援することに繋がります。

また、女性医師のキャリア形成においては、医師国家試験合格者に占める女性の割合が40%になりつつある中で大学にて診療や研究を継続し、リーダーシップをとって活躍している女性医師は極端に少なく、全国的に講師以上の女性教員の割合は5%以下とされます。臨床医としてあるいは研究者としての女性の割合が増加していないのは、育児のためにキャリアアップを断念している若手女性医師が多い事が原因と考えられます。

皆様にご指導いただき、北海道大学病院において女性医師・研究者がキャリア形成を諦めることなく勤務を継続し、活躍することができるよう、尽力したいと思っております。よろしくお願い申し上げます。

北海道大学病院

内科Ⅱ助教 西尾 妙織


im-k_shimizu

平成22年度より当院にて女性医師等就労支援事業が開始され、当初より特任助教の拝命にて事業に従事させて頂いております。

女性の社会進出、少子化問題が顕著となり、国策として男女共同参画、ワークライフバランスの尊重が掲げられ、医療の現場においても様々な対応が急務となっております。就労を希望するが画一化された労働形態のみでは雇用困難である層を活かせる社会への変革がひいては個人レベルから国レベルでの利益を生み出すと考えられ、医療界にも同様の理論が成り立ちます。全医療者がジェンダー・ワークライフバランスに関する知識を習得し、それに対する自己の考えを持ち、医療人が果たすべき責任を認識する必要があります。

また女性だけではなく、医療界全体の問題であるという意識の基での時代に適した改革が必要となります。医療界全体の利益を考える際に男性医師・男性同様に就労する女性医師への過重労働の偏在に対する依存では早期破綻を招きます。ある水準の労働力が確保された環境において、様々な就労形態が許容されうるため、正のサイクルを生み出すためには全医療人の就労環境が整備されなければなりません。ただ、医師という職務の特異性として、当直・夜間呼び出し、遠隔地出張、長時間手術など社会的にはフルタイムの勤務をしている状況でも担うことが困難な業務を包含します。診療科によって、また地域によっての特色も極めて重要であり、ある一定の方策が必要となる一方で「ご当地」でのルールが実際の稼働の決め手となると考えられます。
皆様から御指導・御鞭撻を戴き、大変微力ではございますが、北海道大学病院における男女共同参画の歩みに多少なりとも貢献できますと幸いです。何卒宜しくお願い申し上げます。

北海道大学病院

女性医師等就労支援室特任助教 清水 薫子

ページの先頭へもどる